NASAが太陽系の彗星の跡を宇宙塵がついてくるのを観測

地球が67,000mph程度で太陽を回す間、太陽は1秒につき140マイルで銀河系のまわりを回転します。そのような大きい力はスペースを通って動いて、宇宙塵の跡が後ろからついてくるにちがいありません。しかし、それは常にミステリーな光景です。初めて科学者はNASAのInterstellar Boundary Explorer(IBEX)衛星の観測を結合して、太陽系の尾を図にしました。しかし、尾の長さは不明なままです。

尾(それは太陽風プラズマと磁場から成ります)を捕えることは、IBEXの強力な精力的な中立不偏の原子画像処理システムからデータに基づく3年の観察を必要としました。銀河の他の部分からの中性の原子(小片)が我々の太陽系の中を流れて、それらの原子はより速い荷電粒子と衝突して電子を交換します。

ASAによると、この交換が起こるとき、それは遅い荷電粒子と速い中性の原子を生産することができます。これらの中性の原子の多くが彼らの陽気なやり方に基づく間、いくらかは内部の太陽圏に戻って、IBEXの映像技術と衝突します。IBEXは中性の原子がどこから来たかについて検出します。そして、科学者はヘリオ尾のイメージを作成するためにそのデータを使います。

「これらの精力的な中性の原子を集めることによって、IBEXは最初の荷電粒子の地図を提供します」と、IBEX主任研究員デイビッド・マコーマスは言いました。ヘリオ尾の構造は我々の目に見えないです。しかし、離れて太陽圏の最も外部の地域を画像化するために、我々はこのトリックを使用することができます。アイベックス・チームは紙「アイベックスによって明らかにされるHeliotail」の星の調査結果を発表しました。そして、それは最近天体物理学ジャーナルによって出版されました。